ボトックスで小顔にチェンジ【手軽に負担なく希望を叶えられる】

サイトメニュー

どんな治療か理解しよう

女医

自分に向いているか判断

ボトックスはボツリヌス菌が作り出す成分を希釈した薬液を利用して治療するものの事で、筋肉が萎縮する作用を使って小顔やシワ改善等を行います。現在では一般的な治療法となっているので決して珍しいわけではなく、また色々な病院でその治療を受ける事も出来るようになっています。高い効果が期待できる事、さらに副作用が殆ど無く安全性が確立している事等からお勧めの治療となっています。ただ、初心者の人の場合は、何も知らない状態で治療を受けるのではなく、ある程度ボトックスとはどのような治療なのかを理解してから利用する方が良いでしょう。初めてボトックスを受ける人に知っておいてもらいたい事の一つが、この施術は何度も受ける事が出来るということです。注射の液の効果の持続期間はその人の体質によって違いますが、大体3か月から半年程度となっています。ですからその効果が消えて来たら再び注射をする必要があり、小顔等の効果を持続する事が出来るようになっているのです。勿論注射をしなければ薬剤の効果は自然に消えて行き、注射をする前の状態に戻す事も決して不可能という訳ではありません。また出来るだけ余計な所に薬の効果を広げないようにする為にも、注射をしてから3日程度は洗顔をする時にも気を付けるようにしましょう。洗顔をする際、優しく泡で包み込むようにすればそれ程問題はありませんが、マッサージをするように行ってしまうと薬剤が拡散してしまいます。ボトックス自体は出来るだけピンポイントで作用させたい治療法となっているので、注射をしてから3日程度は顔を洗う時は余計な刺激を患部に与えないように気を付けましょう。顔のサイズが大きくなる原因は人によっても違っており、大きくは筋肉と骨格の2つに分ける事が出来るようになっています。ボトックス治療自体は筋肉に作用して委縮させる事が出来る効果が期待できる治療法となっており、利用すると小顔効果が期待出来ます。ただどのタイプの顔のサイズが大きい時にも高い効果が期待できるという訳ではなく、治療が向いている人とそうではない人がいます。ボトックス治療が向いている人の特徴としては、咬筋が発達しているタイプのエラ張りの人と言えます。咬筋自体は食べ物を噛む時に必要な筋肉なのですが、かみしめてしまったりするとどうしても鍛えられてしまい、結果的に発達してしまう事は少なくありません。エラ張りというと骨格が関係しているのではないかと思われてしまう事もありますが、実は咬筋の発達が大きく関係している事が多々あるのです。ボトックス自体は骨ではなく筋肉に作用する薬となっているので、この場合は咬筋が発達した事でエラ張りしている人に効果が期待できるという事になります。ただ、ぱっと見ただけでエラ張りの原因が骨格なのか咬筋の発達なのか分からないという事は決して少なくありません。どちらのタイプでエラが張っている状態になっているかを見極める一つの方法は、エラの張り方がバランスが取れているかどうかということです。左右どちらかのエラの方が張っているという場合は、もしかしたら骨格ではなく咬筋が関係している可能性があります。この場合はその部位にボトックス注射を行う事によって発達してしまった咬筋が委縮する事になるので、小顔効果が期待出来ます。