ボトックスで小顔にチェンジ【手軽に負担なく希望を叶えられる】

サイトメニュー

コンプレックスを解消

注射

憧れの小さい顔になれる

ボトックスは今では美容業界においてなくてはならない存在となっています。これ一つでしわやたるみを改善してくれますし、顔が四角く大きく見える原因の一つであるエラを隠して小顔にする能力があると口コミで広まったのが始まりです。どういうメカニズムかというと、ボツリヌス菌という独を使い筋肉を麻痺させてしまい働きを抑制させるというものになります。もともとのエラがはる原因というのがエラの部分を酷使していることに関係があるために、この部分の筋肉を麻痺させて小顔に見せるという事なのです。筋肉を麻痺させると小顔になっても普段の生活が出来ないようでは困ると考える方もいるでしょうが、この部分の筋肉を麻痺させたとしても食べ物を普通に噛んで食べることも出来るので何一つ支障はないという事になります。ボツリヌス菌は以前から、ボツリヌストキシンとして眼科や神経内科で顔面麻痺や眼瞼に使われていますが、ある時から美容にも効果があるという事が分かりあっという間に広がったのです。今ほど美容に関して技術が進んでおらず眉間のしわや額に出来たしわを根本的に改善させることが非常に難しいとされていました。そんな時にボツリヌストキシンが現れました。大きな手術をすることもなく今まで手を付けることが出来なかったしわを、注射一本で劇的に改善することが出来るようになったのです。ボトックス注射をしたからと言って入院などの必要はなく負担も少ないうえに費用も安く、ボトックス注射を打つ範囲によって狭ければ1万円からと手軽です。ただ、料金は美容外科によって違いますので十分に比較検討をして美容外科を選ぶ事をお勧めします。ボトックスをして小顔になるための手順としては、予約制としているところも多いのでまずは美容外科に予約をいれます。診察日当日は病院へ行きカウンセリングから始まります。カウンセリングは医師自ら行う事もあれば看護師や看護助手が行う場合もあります。その場で自分の悩みや希望を事細かに伝えることが大切です。カウンセリングの後は医師の診察となります。医師がカウンセリングの内容をもとに、筋肉の状態など診察をします。診察したうえで、ボトックス注射をすることで悩みを改善できるか、またはより良い改善方法がある場合はそちらの説明なども含めての話となり一番良い方法を探します。医師の診察で、ボトックスを行う事となりましたら麻酔をします。全身麻酔などではなく注射する部分に麻酔テープを貼って痛みを軽減するというものになります。麻酔が効いたところで注射となります。施術時間は、注射を打つ箇所によって違いますが、一部分5分程度と短時間で済みます。痛みも麻酔のおかげで針の感覚が少しある程度でほとんどないに等しいものとなります。ここまで済んだらお終いとなります。注射を打った後は腫れたり内出血をしたりするなど人前に出られなくなるような事もなくすぐにお化粧をすることも出来ます。ただし、注射後はその部分をマッサージするようなことのないように気をつけなければなりません。マッサージをするのならば施術後4時間以上間を置いた方が望ましいでしょう。たったこれだけで小顔を手に入れることが出来るのです。痛みもなく短時間で簡単に出来ます。